2015年08月01日

HGUC ガンダム REVIVE版 アクリジョンエアブラシ用うすめ液レビューをそえて

新生版HGUCガンダムをつくりました。

hguc_gundam_re01.jpg hguc_gundam_re02.jpg
旧HGUCガンダムよりも、体形がスマートになり、頭が小さく、脚が長く(みえるように)なりました。
可動範囲もバツグンで、アニメ劇中のあんなポーズやこんなポーズを難なくとらせることができます。

個人的には、スタイルがよくなりすぎてカッコよすぎるかな、と感じます。
旧HGUCガンダムくらいポッチャリ感があったほうが、個人的には好きでしたので、あのスタイルのまま可動範囲やパーツ構成を変えてくれるだけで良かったのに、なんて思います。

製作。
ツノのシャープ化以外はまったく手をいれておらず、肉抜きうめすらせずに組み上げました。
後ハメは、頭部のみ、顔の赤色パーツ上部のピンを切り、ヘルメパーツの頬当て裏側の突起を削り落としたのみです。
パーツの接着および合わせ目消しをしたのは、ヘルメット、フクラハギ、ライフル、バズーカくらいだったと思います。

当初は完成までに3日くらいでできちゃうんじゃなかろうか、と考えていましたが、なんだかんだで、6日ほどかかって完成しました。

塗装。(全アクリジョン)
白=つや消しホワイト
青=インディブルー+コバルトブルー+つや消しホワイト
赤=モンザレッド+つや消しホワイト
黄=イエロー+オレンジイエロー+つや消しホワイト
グレー=ニュートラルグレー
オーバーコート=つや消しクリアー

今回は、先ごろ発売されました、アクリジョンエアブラシ用うすめ液の試しも兼ねまして、ほぼアクリジョンで塗装しました。
細部は水性ホビーカラーで塗りわけ、ライフルの照準はガイアの蛍光イエローです。

青と赤は、パーツにじかに塗ったら発色が悪く仕上がってしまい、しかもオーバーコートが白濁化してしまいましたので、塗りなおすついでに、上記カラーレシピの白を多めにしたもの(ほぼスカイブルーとピンク)で下塗りをしてから、塗装したところ、まずまず発色がよくなりました。

スミいれは、タミヤスミいれ塗料の、グレイ(白部)、ブラック(青部)、ブラウン(赤と黄色部)でしました。
ヘルメ脇のダクトはブラックですが、周りににじんでしまい、しかも綺麗に落とすことができませんでした。
これは、アクリジョンのつや消しが粗めのせいだと思われ、ひょっとするとアクリジョンへのスミいれは、光沢塗装の上におこない、その後にオーバーコートをするのがよいのかもしれませんね。

hguc_gundam_re03.jpg hguc_gundam_re04.jpg

hguc_gundam_re05.jpg hguc_gundam_re06.jpg

hguc_gundam_re07.jpg
写真がなぜか、足元がピンボケしてしまっておりますが、気にしないでいただきたく…。



アクリジョン エアブラシ用うすめ液レビュー
アクリジョンエアブラシ用うすめ液は、以前のアクリジョン用うすめ液での塗装よりも、希釈割合の調整もしやすく、塗装時のダレも少なく、格段にエアブラシ塗装がしやすくなりました。
ですが、それでも気をぬくとダレが出来てしまったり、オーバーコートのつや消しクリアーが白濁化してしまったりしました。
なので、このうすめ液をつかっての塗装は、エアと塗料の噴出量を少なめにし、うすく噴きつけてはかわかし、うすく噴きつけてはかわかし…、をくりかえして塗り重ねていくのが正解だと個人的には感じました。

問題は、ハンドピースがつまりやすいのと、塗装面がざらついてしまう点です。
ハンドピースがつまってしまうのは、エアと塗料の噴出量を少なくしているのが原因なのかもしれませんが、結局のところ、小まめに洗浄するしかないのかな、と思います。

塗装面のざらつきについては、塗装面が、梨地状といいますか、細かいゆず肌といいますか、そんな感じになってしまいました。
つや消しでしたらさほど気にならないのですが、光沢、半光沢ですと問題になりそうです。
これは、私の塗り方に問題があるのか、パーツの表面処理がいい加減だからなのか、塗装時の気温のせいなのか、うすめ液の希釈率の問題なのか、アクリジョンの塗料としての特性なのかは、今のところ不明です。
今後の課題としたいと思います。

あと、クレオスさんには、塗料を速くさらっと溶かすエアブラシ用クリーナー、なんてのも開発してくれるとうれしいかな、なんて勝手なお願いをしたいところです…。
posted by とだ・ゆう at 23:55| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

RCベルグ 1/24 フィルフィ・ココシュニック

RCベルグから先日発売されました、フィルフィ・ココシュニックを作りました。
ボトムズという男くさい素材に、かわいい女の子を組み合わせるという心意気、買います。

philphy01.jpg
1/24サイズということで、筆でのブレンディング塗装が正解なのかもしれませんが、練習もかねまして、エアブラシでの塗装をしてみました。
塗りわけはマスキングをして塗装していますが、細部や髪の毛は筆での塗装をしています。
グラデーションも入れていますが、完成後はほぼ目立たなくなってしまいました。

フィルフィ本体は、パンツとブーツのみ色が想定よりも明るかったため、フィルタリングをしています。
全体的に、タミヤウェザリングマスター各色で汚しを入れたり、グラデーションの修正を入れたりもしました。
ちなみに、バストの先っちょは、瞬間接着剤をチョンとつけたものです。
スコープドッグ本体は、ガイアのスコープドッグ色で塗装後、ウォッシングをしたのみです。
メインカメラの外延部が、作業時にとれてしまい、修正しにくかったので、そのままになっていますが、あまり気になりません、よね…。

小サイズですので、塗装時は、これで充分いいだろう、というレベルに塗りわけられたつもりでしたが、写真でみると、けっこうアラが目立ってしまいますね。

philphy02.jpg philphy03.jpg

philphy04.jpg
posted by とだ・ゆう at 15:28| Comment(0) | プラモデル SF・メカ ボトムズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

83℃さん ガールズ&パンツァー 西住まほ

今回つくりましたのは、83℃さんの西住まほです。

gp_maho00.jpg
ディーラーさんのほうでは、同じコスチュームの西住みほとワンセットで買ってほしそうな雰囲気でしたが、金銭的な事情でまほのみ購入してきました。

サイズは1/8で、約21cm(帽子含む)です。

じつによくできたキットで、なんの苦もなく完成させることができました。
ボディーライン、服のシワ、細部のつくりこみなどもすばらしく、欠点のみあたらない造形です。
パーツの合いもよく、パーティングラインに段差もなく、簡単に消せました。

意外と気がつかない人が多そうですが、このフィギュアのすごいところは、
「歩いているようにみえる」
ということです。
完成させてながめていたとき、これに気づき、感動をおぼえました。
わたしだけの話かもしれませんが、自然に歩いているように造形するのは、けっこうむずかしいんですよ。

ちなみに、わたしとしたことが、まほが巨乳であることを、今回はじめて知りました…。

gp_maho01.jpg gp_maho02.jpg

gp_maho03.jpg gp_maho04.jpg

gp_maho05.jpg

gp_maho06.jpg
キャラグミンのみほとならべてみました。
キャラグミンは1/7という表記ですが、やっぱちいさいですよね、ホントは1/8ですよね…。
posted by とだ・ゆう at 23:03| Comment(0) | フィギュア ガレージキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

APFSDSさん 蒼き鋼のアルペジオ コンゴウ

APFSDSさんのコンゴウをつくりました。
ちなみにこちらのコンゴウさんは、へんな英語なまりでしゃべったりはしません…。

arpeggio_kongou00.jpg
髪の毛のシャープ化など、最低限の加工だけしています。
首周りのラインも彫ってみましたが、設定とはいささか違ってしまいました…。

頭部のサイズが大きめな印象ですが、キャラの設定画とみくらべると、こんなものなのかな、という気がします。
スカートのスソが本来はもっと長いはずですが、短くアレンジしてありました。
あの長さは異常といってもいいくらいの長さですので、あれを造形するのはシャレにならないものがあるのかもしれません。
改造してもよかったのですが、今後、保存することを考えると面倒なので、やめました。

塗装はガイアカラーでしました。
肌のはノーツフレッシュをつかいましたが、もう少し色白にしてもよかったのかな、と思います。
オーバーコートは、肌がつや消し、髪と服が半光沢、ハイヒールを光沢にして、ツヤによる質感の違い、というものを演出してみました。

arpeggio_kongou01.jpg arpeggio_kongou02.jpg

arpeggio_kongou03.jpg arpeggio_kongou04.jpg

arpeggio_kongou05.jpg

じつはこのコンゴウ、自分で造形しようかともおもっていましたが、髪が面倒、スカートが面倒、という理由であきらめておりました。
フィギュアメーカーからは発売されなさそうなキャラでもありますし、造ってくださったAPFSDSさんには感謝ですね。
posted by とだ・ゆう at 22:40| Comment(0) | フィギュア ガレージキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

王者の剣さん スマイルプリキュア! キュアマーチ

先日のトレフェスにて買った、王者の剣さんのキュアマーチをつくりました。

curemarch_oj00.jpg
サイズは1/8くらいで、高さは21cm程度です。
アニメのデザインをそのまま3Dにしたような印象です。
絵をうまく描ける人は、立体の造形もうまい、という理論を実証しているような出来ばえのフィギュアです。

これといった問題もなく、さらっとするっと完成しました。
気泡はありましたが、わたしのキットなんかよりは、ずっと少数でした。
パーツの合いもよく、パーティングラインも労せず消すことができました。

塗装時のマスキングだけは、多少手間がかかりましたが、これはもう、もともとのデザインがゴチャついているのでしかたのないところでしょう。
塗装は、ガイアカラーとMr.カラーのみるきいぱすてるセットなどをつかっています。

curemarch_oj01.jpg curemarch_oj02.jpg

curemarch_oj03.jpg

curemarch_oj04.jpg
先日つくったあろまたーぜさんのキュアサニーとならべてみました。
サニーのほうがつくりが大きいので、ひと回り大きな印象でしたが、ならべてみるとさほど違和感のないサイズでした。

キャラがかぶっていたこのふたり、しまいには海の家対決とかしてました…。

curemarch_oj05.jpg
とうぜん(?)わたしのマジョリーナともならべてみました。
全然戦っているようには見えない…。

しかしこうして、ひとのフィギュアとならべてみると、自分の作品のいたらなさというものが実感できてしまいますね…。
posted by とだ・ゆう at 08:31| Comment(0) | フィギュア ガレージキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする