2017年04月28日

デフォルメ ブーディカさん

トレジャーフェスタin有明17にて頒布します、Fate/Grand Orderのデフォルメ ブーディカさんです。

fate_boudica_d02.jpg fate_boudica_d03.jpg
以前、ブーディカの第2段階を作ると公言しておりましたが、デフォルメ化させてしまいました。

デフォルメの方向性としましては、コトブキヤのキューポッシュを参考にしました。
ですが、互換性はありませんのでご注意ください。
サイズも若干異なります。

fate_boudica_d04.jpg fate_boudica_d05.jpg

fate_boudica_d06.jpg fate_boudica_d07.jpg


fate_boudica_d08.jpg
全15パーツ。
成型色はフレッシュになります。
多少色味の違うパーツが含まれている場合がございますが、ご了承ください。
おさげの付け根やスカートには、私の複製が下手ゆえに、大きめの気泡がある場合もございますので、こちらもご了承ください。

スカートには、前はF(Front)、後ろはR(Rear)のしるしがあります。
腰アーマーには、右はR(Right)、左はL(Left)のしるしがあります。
見えにくくて申し訳ないのですが、お確かめのうえとりつけてください。

注意:弾力がなく、軽く曲げただけで簡単に折れたり割れたりするパーツは不良品になります。
とくに、剣、スカート、前髪やおさげなどのパーツは、組み立てや加工に支障をきたすこともございます。
検品は入念におこなってはいますが、該当と思われるパーツがあった場合は、ご遠慮なく説明書記載のメールアドレスに、ご住所を記載の上、お知らせください。
多少お時間をいただくかもしれませんが、良品を送らせていただきます。


組み立ての注意事項です。

首の長さが、完成させてみたら、想定よりも若干長く感じられましたので、気になる場合は、頭部下の首との接続穴を広げたり、深したりすることで、調節できると思います。
スカートの位置も、気持ち上にとりつけてくださると、胴長感が薄れるかな、とも思います。

他、いつもの通りで、前髪やおさげの先端を削って、シャープにしてください。

fate_boudica_d09.jpg
耳飾りは、抜きの関係で太く造形してありますので、削って薄くしてください。
非常に折れやすくなりますのでご注意ください。
いっそのことはじめから、プラ板で作り直すというのもありかもしれません。

fate_boudica_d10.jpg
スカートは、針金での固定用のくぼみがあるのですが、そのまま合わせますと、前後の合いがいささか悪いです。

後ろのスカートの針金固定用の目印のくぼみに、1mmドリルで穴をあけ、そのままコリコリとドリルをこすって穴を後方にひとつ分広げていただくと、合わせやすくなります。
ここに使用する針金は、1mmアルミ線を推奨します。
真ちゅう線ですと、硬くて、多分位置調節がしにくくなりそうな気がします。



はじめてのデフォルメフィギュアということで、ああすればよかった、こうすればよかった、という部分もありますが、楽しんで造形することができました。
トレフェスにいらっしゃることがありましたら、見に来てくださると幸いです。


回転台座にのっけて、動画を撮ってみました。
画質はあまりよくないですが……、よろしければご覧くださいませ。

2017年02月19日

RE/100 ディジェ

RE/100ディジェです。

re_dijeh00.jpg re_dijeh01.jpg
多治見のホビーショップB-SIDEさんのコンテストに応募するために作りました。
製作はけっこう前で、この前プラモ友達に会ったときに、なんか作ってるの、と聞かれてもすっかり忘れていたくらいです。

それなりに改造したつもりでしたが、ぱっと見は普通にしかみえないという出来になりました。
そんなんですから、コンテストでも、まったく歯牙にもかけられない結果で終わりました。
次に参加する時は、もっと派手に改造しましょうかね。
しない気がしますけど…。

re_dijeh02.jpg re_dijeh03.jpg

re_dijeh04.jpg


製作
方向性としては、余計と感じるディテールをパテでうめるなどして消し、下半身を中心にボリュームアップをするなどの改造をしました。

re_dijeh05.jpg
頭部は、アゴの下を削って、ちょっとだけ小顔にみえるようにしています。

動力パイプは、ビルダーズパーツ1/144MSパイプ01(小)に変更しました。
パイプパーツが成型不良なのか、横から見ると長方形ではなく台形状のものが複数ありましたが、そういうものはカーブに合わせて使っています。

バックパックに動力パイプを通す部分は、大きな穴があいていただけでしたので、パイプより少し大きめの穴をあけたプラ板を貼ってふさいでいます。

re_dijeh06.jpg re_dijeh07.jpg
腰は、前アーマーを分割して2mmプラ板を挟み込んで(計4mm)延長し、それに合わせて横や後ろのアーマーも延長しています。
このへんは、電撃ホビーの作例を参考にしました。

前アーマーの裏は、エポパテでうめて、細切りプラ板を貼って、ディテールをそれらしくしておきました。
横アーマーの裏には、前アーマーのズレを防止するためにプラ板を貼っています。

フンドシ部分は、キットのままだと邪魔だと思って、思いっきり切り落としてやったのですが、そうしたら、前アーマーが安定しなくなってしまいましたので、結局プラ板で自作するという面倒なことになってしまいました。

re_dijeh09.jpg re_dijeh08.jpg
右肩は、ディテールを埋めたくらいです。

左肩は、アニメ設定画を参考に、それっぽく改造しました。
武器ラック(だったと思う)が可動できなくなりましたが、さほど問題はなかろうかと。

re_dijeh11.jpg re_dijeh12.jpg

re_dijeh10.jpg
脚は、スネを、真ん中の分割ラインにプラ板で1mmずつ(計2mm)幅まししました。

足首装甲は、斜めに幅まし。
ホビーベースのボールジョイント(小)で接続させて、可動するようにしました。

動力パイプは、ビルダーズパーツ1/144MSパイプの大きい方を使いました。
可動させるために、上の方に少し余裕を持たせています。
でも、中心軸の硬さのせいで、ヒザがほとんど可動できなくなってしまいました。
付属の中心軸ではなく、メッシュパイプでも使えばよかったかなぁ、と今さらながら思います。

re_dijeh13.jpg
背中の放熱フィンは、上のツノの前半分を削りとりました。
下のツノは全部カットしています。


カラーレシピ
明青緑=フレッシュミントグリーン(バーチャロンカラー)
紺色=マーズディープブルー(バーチャロンカラー)
赤色=スカーレット(ガイアカラー)
黄色=MSイエロー(ガンダムカラー)
関節=パープルグレー(ボトムズカラー)
黒鉄色=ガンメタル(ガイアカラー)
白色=グレーFS36622(311)(Mr.カラー)
黒色=カウリング色(Mr.カラー)
銀色=メッキシルバーNEXT(Mr.カラー)

青緑、紺、赤、黄のパーツは、ガイアのセミグロスクリアーでオーバーコートしています。

肩のマーキングは、ガンダムデカールの1/100逆襲のシャアシリーズ用のνガンダム用です。
コーションマークは、HIQパーツのデカールを使いました。



そんなわけで、コンテストの結果は芳しくありませんでしたが、現代風に、スマートにアレンジされていたキットを、少しでも昔の雰囲気に近づけられたんじゃないかな、と自己満足はしています。
でも、コンテストに参加するんでしたら、やはりいつかは、皆さんに喜んでもらえるような、ほめてもらえるような作品を作れたらいいなぁ、と思います。

posted by とだ・ゆう at 23:56| Comment(2) | プラモデル ガンダム 1/100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

MG ジム・スナイパーII

ひさしぶりにMGを作りました。
ジム・スナイパーIIです。

mg_gmsp2_00.jpg mg_gmsp2_01.jpg
プロポーションは文句なしです。
HGUCのプロポーションが、いささかクセのある方向に進んでいるのとは反対に、MGはいままでどおり、誰もが納得できる方向性でのデザインで安心感があります。

無駄なディテールの追加などはされていませんので、多少あっさりめに感じなくもないですが、設定画のイメージを忠実に再現されているという印象で、好感がもてます。
内部フレームは、MGガンダムVer.2.0に、多少の新規ジムスナ2パーツを取り付ける仕様ですので、可動範囲などは当然良好です。

コクピットハッチとフンドシの間隔が多少気になりますが、この隙間は腰の前後スイングのためにあるようで、S字立ちをさせると、さほど気にならなくなりました。

mg_gmsp2_02.jpg
首を、ぐっと前に可動させることができるのですが、さすがに、ライフルのスコープと頭部を一直線にはさせにくかったり……。

mg_gmsp2_03.jpg mg_gmsp2_04.jpg
マーキングは、付属のガンダムマーキングシールです。余白が気になりますね。
ガンダムデカールは、貼るのに失敗しました。やっぱ苦手です、ガンダムデカール。

水転写デカールが欲しかったところです。ホワイトディンゴ版は水転写デカールが付属してるといいですね。


製作
いつものとおり、多少のディテールアップをしたのみで、ストレートに組みました。

mg_gmsp2_05.jpg
バックパック上部の丸いモールドがゆがんでましたので、5mmの穴をあけてコトブキヤの丸モールドIVをはめました。
設定通りにするならそれで終わってもよかったのですが、なんか物足りなく感じたので、ウェーブのプラパイプ5.5mm肉薄を貼ってみました。

mg_gmsp2_06.jpg
腕の丸いモールドは、表面処理の邪魔でしたので削ってしまい、あとからコトブキヤのプラユニットのマイナスモールド2mmを接着しています。

mg_gmsp2_07.jpg
ヒザの側面にある穴の彫りなおしは、なにも考えずに貫通させたら、裏側に内部パーツがないことに後で気づき、ここにもコトブキヤの小型リベット1.6mmをはめて、ごまかしておきました。

mg_gmsp2_09.jpg
スナイパーライフルのスコープはレンズをくりぬいて、ウェーブのHアイズ3.5mmに置き換えました。
レンズは塗装後に接着しました。

塗装
塗装はベタ塗りです。普通にエアブラシで塗りました。

カラーレシピ(基本的にMr.カラーです)
水色=エアスペリオリティーブルー
紺色=ブルーFS15050
赤色=レッドFS11136
緑色=グリーンFS34102
グレー=ダークシーグレーBS381C/638
黒鉄色=ガンメタル(ガイアカラー)
オーバーコート=セミグロスクリアー(ガイアカラー)

脚の丸穴などは、グレーを筆塗りしてからマスキングして水色を塗装してます。
ダクトの赤色とグレーの塗りわけは、すべて筆塗りです。

内部フレームは無塗装です。関節などの見える部分だけでも塗装すればよかった、とMGを作ったあとはいつも思うんですが、よっぽど気がむかないと、内部フレームは塗装する気になれないんですよね。面倒くさいですよね…。



そんなわけで、ひさしぶりのMGでしたが、やっぱ安定感あります。さすがです、MG。
ホワイトディンゴ版も、今から楽しみです。
posted by とだ・ゆう at 23:31| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

コトブキヤ ツメロボット

ヤルッツェブラッキンッ!
というわけで、いい歳して花粉用マスクをするとキャシャーンになった気分になるオジサン世代にとっては感涙のプラキット化をしてくれました、新造人間キャシャーンのツメロボットを作りました。

cas_tsumerobot00.jpg cas_tsumerobot01.jpg
コトブキヤ、やってくれます。最高です。

このキットは、グレーの単色成型(キャシャーンは白)で、色分け部分でパーツ分けもされておらず、昭和のプラモを意識した構成になっていました。
箱絵の雰囲気もレトロですし、説明書もレトロです。
そこで、わたし自身も昭和の時代にタイムスリップしたつもりになり、基本塗装を水性カラーを筆塗りしてやることにしました。
水性カラーを筆塗りといいましても、きれいに塗装しようと思えばそこそこできる(つもり)のですが、それだとエアブラシ塗装した方がてっとりばやくなってしまいますので、わざと塗りムラがでるように塗装していきました。
子供のころ、塗りムラなど考えずベトベト塗っていたあの感じです。

青とピンクの部分は下地を白で塗っていますが、他は成型色のまま塗装しています。
本当は、影になる部分を暗く、光が当たる部分を明るく、とか考えていたのですが、これはそうとうむずかしくて断念しました。
塗料は、ビンのままを直接塗るのではなく、水性ホビーカラーうすめ液で割ったのを、サササっと塗りつけていきました。
塗ったのがかわいてから、塗り重ね。
青は発色の関係で、3〜4回くらい塗り重ねています。他はだいたい2度塗りくらいですね。
各色塗装後、オーバーコートは、水性トップコートのつや消しをカップに出してエアブラシでふきつけています。
ちなみに、ツメのみ、タミヤエナメルのクロームシルバーを使っています。

カラーレシピ。
青=スカイブルー+エメラルドグリーン+つや消しホワイト
グレー=RLM75グレーバイオレット
紺=昔調色した自作青
ピンク=ピンク+シャインレッド
黒=つや消しブラック
目=蛍光ピンク

cas_tsumerobot02.jpg cas_tsumerobot04.jpg

cas_tsumerobot03.jpg
ヒジやヒザなどは横回転しかしませんので、稼働範囲はイマイチですが、そこもレトロでいいですね(?)。

それと、頭部側面には、アンドロ軍団のマークのシールを貼るのですが、余白をうまく切り取れず、あきらめました。
できれば、デカールも付属させて欲しかったところではあります…。

cas_tsumerobot07.jpg cas_tsumerobot08.jpg
肩の関節は、胴体側の接続部を切り取って後ハメできるようにしました。
股関節は、前後の接続部を切り落としています。
腕を伸ばす棒パーツは、付け根を切って後ハメです。

cas_tsumerobot05.jpg cas_tsumerobot06.jpg
キャシャーンのフィギュアは、白を綺麗にしたかったので、ガイアのセミグロスホワイトをエアブラシで塗って(昭和気分ゼロ)から、水性カラーで塗りわけました。

ちなみに、ノンスケールキットですが、キャシャーンのサイズからさっすると、だいたい1/35くらいではないかと思われます。

cas_tsumerobot09.jpg
すべてが昭和。

このシリーズ、まだまだ続くようで楽しみです。
できれば、ガッチャマンのゴッドフェニックスやガッチャスパルタンとかも出してくれないかな〜。

今回の製作で、筆塗りの楽しさを再認識いたしました。
しかも、良い雰囲気にムラを出そうとすると、筆塗りの奥深さに、ついのめりこんでしまいます。
今後も、機会があれば、どんどん筆塗りをしていこうと思います。
posted by とだ・ゆう at 23:41| Comment(0) | プラモデル SF・メカ その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

バンダイ 1/72 ファースト・オーダー タイ・ファイター

久しぶりに、ちゃんとプラモを作りました。
スターウォーズ・フォースの覚醒において、鮮烈なデビューをはたした(?)、黒いタイファイターです。

sw_tie_fo00.jpg sw_tie_fo01.jpg
帝国軍の機体はグレーという先入観が強いせいか、漆黒のカラーリングは鮮烈な印象です。
全体のシルエットは、以前のタイファイターと変わっていないようにみえますが、くらべてみると各所がけっこう違っていたりします。

キットの組み立てに関しましては、余計なことはいっさいおこなっておりません。
アンテナについていた板状の突起は、バンダイ独自の安全基準のアレだろうと勝手に思い込んで切り取ってしまいましたが、実物にも突起がついているようないないような…。まぁ、気にしない、気にしない。
それと、ソーラーパネルの周りの枠には、けっこうなヒケがありましたので、これは表面処理をして消しておきました。

sw_tie_fo02.jpg
塗装は、本体の黒がセミグロスブラックで、セミグロスクリアーでコート。
窓枠のグレーは、うまくマスキングできませんでしたので、水性カラーのニュートラルグレーを筆塗りしました。
ソーラーパネルはニュートラルグレーの上にクリアーシルバーをコートして、角度によってキラキラする感じにしてみました。
パネルのモールドの加減で、思っていたキラキラ感は出ませんでしたが、この塗装は、飛行機のステルス塗装によさそうだな、と思いました。なんかのおりにやってみようかな。

sw_tie_fo03.jpg
ベースは、タミヤ情景テクスチャーペイントのライトサンドとダークアースを混ぜ合わせながら塗りつけて、砂漠っぽくしておきました。

sw_tie_fo04.jpg
パイロットは、フラットブラックで全体を塗装後、アーマー部に水性カラーのクリアーを筆で塗っています。
細かい部分も水性カラー各色で塗りわけています。



映画フォースの覚醒は、世間ではけっこう評判がいいようですが、わたし的には不完全燃焼な出来でした。
わたしは、評判が微妙なEP1ファントムメナスが大好きな人間ですから、世間の価値観とはズレてるのかなぁ、とちょっと悩み中です。
まぁ、なにはともあれ、次回作では、本格的なジェダイバトルを展開してくれそうな雰囲気ですし、その辺に期待したいですね。
posted by とだ・ゆう at 23:43| Comment(0) | プラモデル SF・メカ スター・ウォーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。