2015年12月06日

HGBF すーぱーふみな 製作の2 完成

雨のせいで、なかなか塗装作業が進捗せず、仕事も地味にいそがしかったため、ずいぶん予定より遅れてしまいましたが、完成しました。

hgbf_superhumina07.jpg hgbf_superhumina08.jpg
ガンダムビルドファイターズトライの最終回において、衝撃的に(?)登場したすーぱーふみな。
話の流れから、これがラスボスなんじゃないかと、不安半分、期待半分でみてましたが、あるいみ期待どおりの展開ではありました…。

さて、キットは、劇中の雰囲気をよくあらわしていると思いますが、さすがにウインクしたりはできませんでした。
サカイ・ミナトの説明のとおり胴体は軟質素材でしたが、素材がゴムのため、塗装できないのが難点でした。
ネットで検索して、塗装できそうな塗料もいくつかみつけましたが、ちょっと値段が高めで、このためだけに購入するのもためらわれるものがありました。
ちなみに、手元にあったソフビ用塗料のイリサワVカラーを、パーツの裏に塗って試してみましたが、パーツを曲げると塗膜が割れてしまい、つかえませんでした。

顔がフミナに似ていないという話もありますが、プラ成型にしてはけっこうよく再現されているんじゃないかと思いますが、どうでしょう?

製作。
前記事のとおりで、多少の加工はしていますが、改造といえるほどのことはしていません。
追記になりますが、腰パーツのピン受けがモモパーツの上部にひっかかるようなので削っています。
また、右手武器用の手には、親指から中指にかけて、強度上げのための板状の形成がされていましたので、これも削っておきました。ただ、親指がおれます…。

塗装。
塗装は、影になる部分にシャドウぶきをしてあります。MAX塗りのような大仰なものではなくて、ほんと影になるようなところにしか入れてありませんです。

カラーレシピ。(基本ガイアカラーです)
黄色=西武2000系イエロー+セミグロスホワイト
ピンク=ブリリアントピンク+セミグロスホワイト
髪の毛=ダークイエロー+サンディブラウン(両Mr.カラー)+セミグロスホワイト
 ※以上、白を入れていないものでシャドウぶき
白色=Exホワイト。ニュートラルグレーIIでシャドウ。
肌色=Exフレッシュ。ノーツフレッシュピンクでシャドウ。
武器など=フレームメタリック1
ダークグレー部=ジャーマングレー(Mr.カラー)

オーバーコートは、肌色がExフラットクリアー、髪の毛がセミグロスクリアー、黄色と白色部分がExクリアー+セミグロスクリアーとしました。
ツヤによって、材質の違いを表現しようと思ったのですが、よく考えたらこのキットは、プラモデルのプラモデル化、ですので、意味がなかったかもしれません…。

スカートのゴムパーツは、ガンダムリアルタッチマーカーのブラウンとグレー3でスミいれをし、グレー2でシャドウを入れています。
ちゃんと乾燥させたあとでしたら、よっぽど強くこすったりしなければ色落ちしないみたいです。

hgbf_superhumina09.jpg hgbf_superhumina10.jpg

hgbf_superhumina11.jpg hgbf_superhumina12.jpg
ベアッガイとか、すーぱーふみなとか、意外なものがヒットする昨今のガンプラ。
ガンプラはガンダム系MSしか売れないという常識をくつがえしてしまい、実はバンダイさんがけっこう困惑していたりするんでしょうか。
それとも、狙いどおりのヒット商品化だったのでしょうか…?
なにはともあれ、最近のMGもHGUCも、無難な方向に進んでいっているようで、そこはかとないつまらなさを感じているのは私だけではないのかもしれません。
とかんがえれば、こういうキットが売れるのも、ある意味必然という気がしなくはないですね。
ですが、こういうキットばかりというのもいささか困ってしまうのですが…。
続きを読む
posted by とだ・ゆう at 23:05| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

HGBF すーぱーふみな 製作の1 パーツの加工編

大人気で売り切れ店続出らしいという風聞を耳にすることしきりですが、運よく手に入れることができました、すーぱーふみなを作っています。

頭部。
hgbf_superhumina00.jpg
髪の毛パーツは、肉抜きや前髪の裏側をポリパテでうめてから、髪のさきをシャープに整形しています。
髪はキットのパーツのままですと、いささかやぼったい印象ですので、入念に加工しておきました。

眉毛のパーツは、顔パーツの奥にうまってしまう状態でしたので、思い切ってこのパーツは使わないことにしました。
眉毛は、顔の眉毛用の穴の裏からポリパテをムニュっと押し出してから形状をととのえて再現しました。

左耳のヘッドセット(?)のアンテナは安全用の板がついていましたので、これを削り落としています。

目のパーツは、接続用のピンが折れてしまいましたので、接着してあります。
ちなみに、目のシールが貼ってありますが、仮組み時に貼ったままのものですので、別段他意はございません…。


胸部。
hgbf_superhumina01.jpg
胸部は、塗装をしやすくするために、背中側のパーツのベルト(?)の部分を、エッチングノコで切りおとし、前部パーツに接着しておきました。


腕部。
hgbf_superhumina02.jpg
腕部は、肩関節の肉抜きをポリパテでうめました。
下腕ユニットの3つの穴は、ディテールが薄かったので、1.5mmのピンバイスで彫ってあります。


脚部。
hgbf_superhumina04.jpg
足首アーマーの後部の長方形のミゾは、型抜きの関係でいびつになっていましたので、彫っておきました。
ミゾの上辺のうっすらとある線にスジ彫りをいれておいてから、カッターで彫って凹状になるように形状を出していきました。

つま先裏の肉抜きは、ポリパテで埋めています。


関節。
hgbf_superhumina03.jpg
ヒジやヒザの関節に使うポリキャップはむき出しで、塗装したいと思いましたので、アロンアルファのプラスチック用についているプライマーを塗っておきました。
ポリキャップに塗装する場合は、これが一番かな、と思いますが、どんなもんでしょうね。


バックパック。
hgbf_superhumina05.jpg
バックパックは、上面のパーティングラインのところがへこんでいましたので、ポリパテでうめてから整形しています。
下部のポケットのような部分は、側面にスジ彫りを入れて別パーツ感をだしておきました。

hgbf_superhumina06.jpg
バックパックのライフルやシールドを取り付けるアームパーツの整形は、しんどかったのひと言です。
長方形のパーツは、ヒケが大きかったので、ポリパテを塗ってから整形しました。
ちなみに、接続部のヒンジパーツは、余剰の長方形パーツに取り付けて作業してやると、多少は楽にできました。



他、パーツの合わせ目を消したり、表面処理をしてあります。
というわけで、パーツの加工は終了です。
posted by とだ・ゆう at 21:28| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

HGUC ヴィクトリーガンダム 完成

暇つぶしでつくったヴィクトリーガンダムです。

hguc_victory00.jpg hguc_victory01.jpg
ちゃちゃっと作ってストレス解消、ってな感じで部分塗装でしあげました。
ツノは多少ですが、シャープにしています。
最初は全塗装する予定でしたので、ビームライフルのみ接着して合わせ目消しをしてあります。

腹部の黒とコアファイターのキャノピーを水性ホビーカラーのつや消しブラックとスカイブルーで塗装しました。
あとは、凹み部分などはガンダムマーカーのブラックを塗っています。

スミいれは、ガンダムマーカーの流し込みスミいれペンのブラックとグレーでおこないました。

hguc_victory02.jpg hguc_victory03.jpg

hguc_victory04.jpg

hguc_victory05.jpg
posted by とだ・ゆう at 23:23| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

HGUC ジョニー・ライデン専用ザク 完成

HGUCのジョニー・ライデン専用高機動型ザクです。

hguc_06r2_jr06.jpg hguc_06r2_jr07.jpg
各所の肉抜きうめ、ツノと肩のトゲをとがらせています。

ヒジの丸い部分とバックパックの六角形の部分は、最後の最後まで塗装し忘れていたのに気がつかず、付属のシールを貼っています。
マーキングは、水転写デカールが発売されないか待っていたのですが、まったくその気配がありませんので、これも付属のシールを貼っておきました。

塗装。(ほぼガイアカラーです)
赤色=プレミアムレッド
黒色=Exブラック
黄色=サンシャインイエロー+セミグロスホワイト+ビビッドオレンジ
メカ部=RLM75グレーバイオレット(Mr.カラー)
武器など=Exブラック→スターブライトアイアン
オーバーコート=セミグロスクリアー

hguc_06r2_jr08.jpg

hguc_06r2_jr09.jpg hguc_06r2_jr10.jpg
MG高機動型ザク、HGUC版3種、そしてオリジン版と、やたらめったら作りまくり、考えてみると私はずいぶん高機動型ザクが好きなんだなぁ、ということをここにきて認識いたしました…。
オリジン版のジョニー・ライデン機は、さすがに出ないかな。
でも、プレミアムバンダイ限定でとか、ひそかに期待していたりします。
posted by とだ・ゆう at 23:20| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

HG 高機動型ザクII オルテガ専用機 ジ・オリジン版 完成

ジャイアント・ヒート・ホークに完全に魅了されて購入しました。
高機動型ザク・オルテガ機です。

hgto_06r00.jpg hgto_06r01.jpg
このキットのキモはジャイアントヒートホークだと思っています。
なんだったら、ザクなんぞはオマケといいきってしまってもいいかもしれません(?)。

そんなわけで、ザクは部分塗装で組み立てたのみで、ジャイアントヒートホークは合わせ目消し、表面処理、塗装をおこなってちゃんと作っています。
ジャイアントヒートホークは全パーツを組み合わせてしまうと塗装が面倒になりそうなほどのサイズですので、刃部と柄部を後ハメ加工しています。
後ハメといいましても、接続部を半分くらいに切っているだけです。

塗装は、ヒートホーク本体をフィールドグレー2で、刃をExブラック→Exシルバー→パールシルバーと塗り重ねています。
刃のシルバー塗装は、こういう塗り方もあると、以前の電撃ホビーマガジンの記事にありましたので、試しにやってみました。
そうとう綺麗な銀色になりました。
メッキシルバーに近い雰囲気になりましたが、それよりももっと鉄っぽい感じがでました。

hgto_06r02.jpg hgto_06r03.jpg

hgto_06r04.jpg
ザクに関しましては、シャアザクやガイア・マッシュ機がすでに発売されておりますので、感想をのべましても今さらの感もありますが、可動域が広く、1/144の限界を突破してしまった印象をうけました。
それでいてパーツ数はおさえられてい、作りやすいキットだったと思います。

hgto_06r05.jpg
HGUC版の高機動ザクとならべてみました。
HGUC版も、そうとう出来がよかった印象がありましたが、ならべてみると、ずいぶんあっさりとしていますね。
大河原デザイン、カトキリファインという違いも鮮明になりますね。
あれ…?カトキでいいんですよね…?
posted by とだ・ゆう at 23:22| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。