2014年11月24日

2014岐阜基地航空祭

昨日の11月23日、各務原の岐阜基地航空祭に行ってきました。

koukusai2014_00.jpg
天気は快晴。
きっと寒かろうから風邪でもひいたらたいへん、と完全防寒で着こんでいったら、もうすぐ12月とは思われないくらいの暖かい陽気で、大量の汗をかいてしまい、かえって風邪をひきそうなくらいでした。
しかしまあ、絶好と航空祭日和ではありました。

F-2やF-15などの、お腹にひびくジェット音、鼓膜がビリビリ振動するほどのアフターバーナー音に酔いしれてきました。

朝一番からみはじめ、今年はブルーインパルスも来ないということで、午前の戦闘機の展示飛行がおわる10時くらいには会場を後にしました。
最後までみていってもよかったのですが、あまり長居すると、帰りの電車が混んでしまいますので、なるべくはやめに帰ろうということで。

koukusai2014_01.jpg koukusai2014_02.jpg
飛んでいる飛行機は、わたしのデジカメではうまく撮影せきませんでしたので、地上展示されているもののみ、何枚か写真を撮ってきました。

koukusai2014_03.jpg
そのまま帰宅するには、せっかくの休日がもったいない気がしましたので、電車を途中下車し、木曽川ぞいを散策しながら、犬山城をみてきました。
静謐な空気のなか、たっぷりいやされてきました。

koukusai2014_04.jpg
天守閣に登るには、すごい列ができていましたので、面倒になってあきらめました…。

帰りは城下町をぶらぶら歩いてきました。
道の両側にならぶお店の中をちょろちょろのぞきながら歩いていたら、女子高生と目があってしまい、なぜか思いっきりにらまれたのが悲しいところ…。

朝7時に家を出て、昼の12時には帰宅し、TVをつけたらのど自慢が流れていたのをみたら、もうちょっとゆっくりしてもよかったかな、とは思ったのですが…。
プチ旅行ではありましたが、存分に休日を楽しめたという気持ちで満足しております。
posted by とだ・ゆう at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

ニャンコ先生 羊毛フェルト手作りキット

プラモにフィギュアにと、何かを作る趣味にはことかかないわたしですが、それにプラスしてあみぐるみなどの手芸に手をだすと、それこそもうわけがわからなくなりそうなので、今まで気にはなっていたのですが、スルーしてきました。
しかし、なにげに情報がはいってしまった、「夏目友人帳 ニャンコ先生 羊毛フェルト手作りキット」。
しってしまうともう、作りたくてたまらなくなり、ついつい購入してしまいました。

nyanko_felt00.jpg
どんなお店で売っているかわからなかったので、ネットで買いました。

nyanko_felt01.jpg
中身は、初心者でもたいへんわかりやすい解説書と、羊毛フェルト、フェルトを刺す針、作業用マットがはいっていました。

針には小さなカケがあり、羊毛フェルトを針でさしていくと、フェルトの繊維がからまっていき、させばさすほどかたくなっていきます。
それをくりかえして、人形をつくりあげていきます。
まったくの初心者ですので、作業手順はすべて解説書にそっておこないました。

さす、さす、ひたすらさす、フェルトをさす。
ふと気がつけば1時間も2時間もたっているほど夢中になってさしまくっていきました。

nyanko_felt02.jpg
そんなこんなで、5日ほどで完成しました。
なんとも微妙な顔をしたニャンコ先生のできあがりです。
まぁ、初心者ですから、似てなくてもかんべんしていただきたいのです。

目や顔の模様なども、細くしたフェルトを針でさして描いていきました。
首輪の鈴をとりつけるのに、木工用ボンドをつかった以外は、すべてフェルトをつかいました。

肩はこるけど、非常にハマる作業でした。
なにより、プラモやフィギュアをつくるよりも、材料的に健康的、かつ、環境にやさしい趣味ですね。
プラモとフィギュアに飽きたら、フェルト細工をはじめるのもいいかな、なんて思いました。
posted by とだ・ゆう at 23:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする