2018年02月14日

HGBF はいぱーギャン子

HGBFはいぱーギャン子、多治見のホビーショップB-SIDEさんのコンテストに参加するために作りました。

hgbf_hypergyanko03.jpg hgbf_hypergyanko04.jpg
コンテストでは、なんと、ありがたいことに、店長特別賞をいただけました。
まさか賞がいただけるなどとは、まったく予期していなかったので、完全に油断しており、お店の方からせっかく留守電に連絡していただいていたのにも気づきませんで、はなはだ申し訳ないことでした。
たいへんうれしい結果となり、スキップしながら帰宅したい気持ちをおさえるのに必死だったくらいです。
まことに、ありがとうございました!

製作
基本的な、合わせ目消し、目立つ肉抜き穴を埋めるなどの工作をしたのみです。
バックパックは、別売りのザ ノーザンポッドを使っています。

カラーレシピ
メタリック部(下地色→上塗り色)
スミレ色=GXホワイトシルバー→クリアーホワイト+GXクリアパープル
紺色=GXホワイトシルバー→GXディープクリアブルー+GXクリアパープル
赤色=GXラフシルバー→クリアーレッド
黄色=GXラフシルバー→クリアーイエロー
黒鉄色=Ex-ブラック→ガンメタル
銀色=Ex-ブラック→メッキシルバーNEXT

ソリッド部(基本色>シャドー色)
肌色=Ex-フレッシュ>ノーツフレッシュピンク
白色=Ex-ホワイト+ラベンダー>ラベンダー
黒色=ニュートラルグレーV>フラットブラック
茶色=髪の毛カラーセット琥珀色>ウッドブラウン
赤色=ローズブライトレッド>ローズディープレッド

オーバーコート(黒鉄色、銀色以外)=Ex-フラットクリアー

メタリックの塗装は、モケモケさんのケンプファーpZeroさんの百式に影響を受けて、つや消しのメタリック塗装(キャンディー塗装)にしてみました。

紺色パーツと赤色パーツに関しましては、想定どおりのメタル感を出すことができました。
スミレ色は、いまいち綺麗な輝度が得られませんでした。下地をホワイトシルバーにしたからか、上塗りのクリアーを厚めに塗りすぎたせいか、いずれにせよ、塗装の調節が難しいものがありました。
逆にいうと、とても自然な(自然すぎる)輝きがあるともいえ、ともかく、ガイアカラーのクリアーホワイトを使いこなすには、いま少しの慣れが必要なようです。

黄色は、下地のラフシルバーの輝度が、想定よりも残ってしまい、ギラギラ感が強い印象です。こちらはホワイトシルバーを下地にするべきでした。

キャンディー塗装というのは、上塗りのクリアーに合わせて、下地のシルバーの選択も念入りにしなくてはいけない、というのが今回の教訓といえそうです。

ちなみに、通常の塗装とメタリック塗装の塗りわけは、メカっぽい部分と服の生地っぽい部分(と肌と髪)でわけていますので、設定とは違っています。まあ、設定上は、すべてプラスチックだと思われますが。

瞳は、キットのクリアパーツは使わず、瞳パーツを塗装後にUVジェルクリアを使っています。

hgbf_hypergyanko00.jpg hgbf_hypergyanko01.jpg
こちらは、キットのままのバックパックです。
シールドのアームは肉抜きをうめてません、手抜きです……。

hgbf_hypergyanko02.jpg
関節部分のクリアランスを、しっかりとっていませんで、動かすと塗装がパリパリはがれます。
なので、あまりポーズをつけた写真を撮れません……。



最近、プラモ製作はだらけていたのですが、賞をいただけて、やる気がフツフツとわいてきました。
でも次回のコンテストは、家庭の事情もありまして、どうしようかな、いけるかな?
posted by とだ・ゆう at 23:56| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。