2017年08月30日

HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア

ガンダムビルドファイターズトライに登場した、ガンダムアメイジングレッドウォーリアを作りました。

hgbf_redwarrior00.jpg hgbf_redwarrior01.jpg
これも、さきのRE/100ディジェと同様、多治見のホビーショップB-SIDEさんで開催されたガンプラコンテストに応募した作品です。
今回は、基本工作のみの無改造ですが、塗装をメタリックにしてみました。
ツヤありの塗装にしたかったのですが、塗装後の研ぎ出しなどは、キットの形状から困難と判断しましたので、塗装前の表面処理は、入念にしておきました。

カラーレシピ
明るい赤=GXメタリックレッド(Mr.カラー)
暗い赤=GXメタルブラッディレッド(Mr.カラー)
黄色=プライマリーメタリックセットのイエロー(ガイアカラー)
白色=Exホワイトの上にプレミアムガラスパール(ガイアカラー)
メカ部=フレームメタリック2(ガイアカラー)
銀色=Exシルバーの上にプレミアムメッキシルバー(ガイアカラー)
オーバーコート(赤黄白部)=スーパークリアーIII(Mr.カラー)

下地は、肉抜き穴をうめたところのみサーフェイサーを噴いていますが、あとは、各色のソリッドの近似色をサーフェイサーのかわりに下地に塗ってから本塗装をしています。

白色のメタリックはどうしようかと色々テストしてみたのですが、結局、白の上にプレミアムガラスパールを塗装するのが、一番、赤色メタリックとの差異を感じさせない仕上がりになりました。

足にあるシリンダーには、ハセガワのミラーフィニッシュを貼りました。

hgbf_redwarrior02.jpg hgbf_redwarrior03.jpg

hgbf_redwarrior04.jpg hgbf_redwarrior05.jpg

ディジェのときに、次回コンテストに参加するなら、ちゃんと改造したい、みたいなことを書いていましたが、今回も結局、普通に作ったもので参加してしまいました。
時間的な制約もあったのですが、次こそは、ホントに、ちゃんと凝ったものを作りますので(たぶん…)。
posted by とだ・ゆう at 22:47| Comment(2) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント失礼します。
蝶野亜美の再販予定はございますでしょうか?
とてもすばらしい作品で、ぜひ欲しかったのですが、手に入らずとても後悔しています。
ご検討頂けますと幸いです。
Posted by at 2017年10月25日 18:12
こんにちは。
製作者冥利につきる、大変ありがたいお申し出なのですが、残念なことに、蝶野亜美は現在、在庫なし、複製用の型は破損、で再販はできない状態となっております。

もし次に蝶野亜美を販売するとしたら、の話になるのですが、これから1年ほどは個人的な事情で忙しいので、販売できても2年後くらい、それもガルパン人気がその時まであり、十分な売り上げが見込める状態でないと販売は難しい、というのが実情です。

そういったわけでして、心苦しいのではありますが、ご期待にそうのは難しく、ご了承いただければと存じます。

>
>コメント失礼します。
>蝶野亜美の再販予定はございますでしょうか?
>とてもすばらしい作品で、ぜひ欲しかったのですが、手に入らずとても後悔しています。
>ご検討頂けますと幸いです。
Posted by とだ・ゆう at 2017年10月25日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。