2016年05月24日

バンダイ 1/72 ファースト・オーダー タイ・ファイター

久しぶりに、ちゃんとプラモを作りました。
スターウォーズ・フォースの覚醒において、鮮烈なデビューをはたした(?)、黒いタイファイターです。

sw_tie_fo00.jpg sw_tie_fo01.jpg
帝国軍の機体はグレーという先入観が強いせいか、漆黒のカラーリングは鮮烈な印象です。
全体のシルエットは、以前のタイファイターと変わっていないようにみえますが、くらべてみると各所がけっこう違っていたりします。

キットの組み立てに関しましては、余計なことはいっさいおこなっておりません。
アンテナについていた板状の突起は、バンダイ独自の安全基準のアレだろうと勝手に思い込んで切り取ってしまいましたが、実物にも突起がついているようないないような…。まぁ、気にしない、気にしない。
それと、ソーラーパネルの周りの枠には、けっこうなヒケがありましたので、これは表面処理をして消しておきました。

sw_tie_fo02.jpg
塗装は、本体の黒がセミグロスブラックで、セミグロスクリアーでコート。
窓枠のグレーは、うまくマスキングできませんでしたので、水性カラーのニュートラルグレーを筆塗りしました。
ソーラーパネルはニュートラルグレーの上にクリアーシルバーをコートして、角度によってキラキラする感じにしてみました。
パネルのモールドの加減で、思っていたキラキラ感は出ませんでしたが、この塗装は、飛行機のステルス塗装によさそうだな、と思いました。なんかのおりにやってみようかな。

sw_tie_fo03.jpg
ベースは、タミヤ情景テクスチャーペイントのライトサンドとダークアースを混ぜ合わせながら塗りつけて、砂漠っぽくしておきました。

sw_tie_fo04.jpg
パイロットは、フラットブラックで全体を塗装後、アーマー部に水性カラーのクリアーを筆で塗っています。
細かい部分も水性カラー各色で塗りわけています。



映画フォースの覚醒は、世間ではけっこう評判がいいようですが、わたし的には不完全燃焼な出来でした。
わたしは、評判が微妙なEP1ファントムメナスが大好きな人間ですから、世間の価値観とはズレてるのかなぁ、とちょっと悩み中です。
まぁ、なにはともあれ、次回作では、本格的なジェダイバトルを展開してくれそうな雰囲気ですし、その辺に期待したいですね。
posted by とだ・ゆう at 23:43| Comment(0) | プラモデル SF・メカ スター・ウォーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: