2015年12月06日

HGBF すーぱーふみな 製作の2 完成

雨のせいで、なかなか塗装作業が進捗せず、仕事も地味にいそがしかったため、ずいぶん予定より遅れてしまいましたが、完成しました。

hgbf_superhumina07.jpg hgbf_superhumina08.jpg
ガンダムビルドファイターズトライの最終回において、衝撃的に(?)登場したすーぱーふみな。
話の流れから、これがラスボスなんじゃないかと、不安半分、期待半分でみてましたが、あるいみ期待どおりの展開ではありました…。

さて、キットは、劇中の雰囲気をよくあらわしていると思いますが、さすがにウインクしたりはできませんでした。
サカイ・ミナトの説明のとおり胴体は軟質素材でしたが、素材がゴムのため、塗装できないのが難点でした。
ネットで検索して、塗装できそうな塗料もいくつかみつけましたが、ちょっと値段が高めで、このためだけに購入するのもためらわれるものがありました。
ちなみに、手元にあったソフビ用塗料のイリサワVカラーを、パーツの裏に塗って試してみましたが、パーツを曲げると塗膜が割れてしまい、つかえませんでした。

顔がフミナに似ていないという話もありますが、プラ成型にしてはけっこうよく再現されているんじゃないかと思いますが、どうでしょう?

製作。
前記事のとおりで、多少の加工はしていますが、改造といえるほどのことはしていません。
追記になりますが、腰パーツのピン受けがモモパーツの上部にひっかかるようなので削っています。
また、右手武器用の手には、親指から中指にかけて、強度上げのための板状の形成がされていましたので、これも削っておきました。ただ、親指がおれます…。

塗装。
塗装は、影になる部分にシャドウぶきをしてあります。MAX塗りのような大仰なものではなくて、ほんと影になるようなところにしか入れてありませんです。

カラーレシピ。(基本ガイアカラーです)
黄色=西武2000系イエロー+セミグロスホワイト
ピンク=ブリリアントピンク+セミグロスホワイト
髪の毛=ダークイエロー+サンディブラウン(両Mr.カラー)+セミグロスホワイト
 ※以上、白を入れていないものでシャドウぶき
白色=Exホワイト。ニュートラルグレーIIでシャドウ。
肌色=Exフレッシュ。ノーツフレッシュピンクでシャドウ。
武器など=フレームメタリック1
ダークグレー部=ジャーマングレー(Mr.カラー)

オーバーコートは、肌色がExフラットクリアー、髪の毛がセミグロスクリアー、黄色と白色部分がExクリアー+セミグロスクリアーとしました。
ツヤによって、材質の違いを表現しようと思ったのですが、よく考えたらこのキットは、プラモデルのプラモデル化、ですので、意味がなかったかもしれません…。

スカートのゴムパーツは、ガンダムリアルタッチマーカーのブラウンとグレー3でスミいれをし、グレー2でシャドウを入れています。
ちゃんと乾燥させたあとでしたら、よっぽど強くこすったりしなければ色落ちしないみたいです。

hgbf_superhumina09.jpg hgbf_superhumina10.jpg

hgbf_superhumina11.jpg hgbf_superhumina12.jpg
ベアッガイとか、すーぱーふみなとか、意外なものがヒットする昨今のガンプラ。
ガンプラはガンダム系MSしか売れないという常識をくつがえしてしまい、実はバンダイさんがけっこう困惑していたりするんでしょうか。
それとも、狙いどおりのヒット商品化だったのでしょうか…?
なにはともあれ、最近のMGもHGUCも、無難な方向に進んでいっているようで、そこはかとないつまらなさを感じているのは私だけではないのかもしれません。
とかんがえれば、こういうキットが売れるのも、ある意味必然という気がしなくはないですね。
ですが、こういうキットばかりというのもいささか困ってしまうのですが…。

posted by とだ・ゆう at 23:05| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: