2015年11月16日

HGBF すーぱーふみな 製作の1 パーツの加工編

大人気で売り切れ店続出らしいという風聞を耳にすることしきりですが、運よく手に入れることができました、すーぱーふみなを作っています。

頭部。
hgbf_superhumina00.jpg
髪の毛パーツは、肉抜きや前髪の裏側をポリパテでうめてから、髪のさきをシャープに整形しています。
髪はキットのパーツのままですと、いささかやぼったい印象ですので、入念に加工しておきました。

眉毛のパーツは、顔パーツの奥にうまってしまう状態でしたので、思い切ってこのパーツは使わないことにしました。
眉毛は、顔の眉毛用の穴の裏からポリパテをムニュっと押し出してから形状をととのえて再現しました。

左耳のヘッドセット(?)のアンテナは安全用の板がついていましたので、これを削り落としています。

目のパーツは、接続用のピンが折れてしまいましたので、接着してあります。
ちなみに、目のシールが貼ってありますが、仮組み時に貼ったままのものですので、別段他意はございません…。


胸部。
hgbf_superhumina01.jpg
胸部は、塗装をしやすくするために、背中側のパーツのベルト(?)の部分を、エッチングノコで切りおとし、前部パーツに接着しておきました。


腕部。
hgbf_superhumina02.jpg
腕部は、肩関節の肉抜きをポリパテでうめました。
下腕ユニットの3つの穴は、ディテールが薄かったので、1.5mmのピンバイスで彫ってあります。


脚部。
hgbf_superhumina04.jpg
足首アーマーの後部の長方形のミゾは、型抜きの関係でいびつになっていましたので、彫っておきました。
ミゾの上辺のうっすらとある線にスジ彫りをいれておいてから、カッターで彫って凹状になるように形状を出していきました。

つま先裏の肉抜きは、ポリパテで埋めています。


関節。
hgbf_superhumina03.jpg
ヒジやヒザの関節に使うポリキャップはむき出しで、塗装したいと思いましたので、アロンアルファのプラスチック用についているプライマーを塗っておきました。
ポリキャップに塗装する場合は、これが一番かな、と思いますが、どんなもんでしょうね。


バックパック。
hgbf_superhumina05.jpg
バックパックは、上面のパーティングラインのところがへこんでいましたので、ポリパテでうめてから整形しています。
下部のポケットのような部分は、側面にスジ彫りを入れて別パーツ感をだしておきました。

hgbf_superhumina06.jpg
バックパックのライフルやシールドを取り付けるアームパーツの整形は、しんどかったのひと言です。
長方形のパーツは、ヒケが大きかったので、ポリパテを塗ってから整形しました。
ちなみに、接続部のヒンジパーツは、余剰の長方形パーツに取り付けて作業してやると、多少は楽にできました。



他、パーツの合わせ目を消したり、表面処理をしてあります。
というわけで、パーツの加工は終了です。
posted by とだ・ゆう at 21:28| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: