2015年09月28日

HG 高機動型ザクII オルテガ専用機 ジ・オリジン版 完成

ジャイアント・ヒート・ホークに完全に魅了されて購入しました。
高機動型ザク・オルテガ機です。

hgto_06r00.jpg hgto_06r01.jpg
このキットのキモはジャイアントヒートホークだと思っています。
なんだったら、ザクなんぞはオマケといいきってしまってもいいかもしれません(?)。

そんなわけで、ザクは部分塗装で組み立てたのみで、ジャイアントヒートホークは合わせ目消し、表面処理、塗装をおこなってちゃんと作っています。
ジャイアントヒートホークは全パーツを組み合わせてしまうと塗装が面倒になりそうなほどのサイズですので、刃部と柄部を後ハメ加工しています。
後ハメといいましても、接続部を半分くらいに切っているだけです。

塗装は、ヒートホーク本体をフィールドグレー2で、刃をExブラック→Exシルバー→パールシルバーと塗り重ねています。
刃のシルバー塗装は、こういう塗り方もあると、以前の電撃ホビーマガジンの記事にありましたので、試しにやってみました。
そうとう綺麗な銀色になりました。
メッキシルバーに近い雰囲気になりましたが、それよりももっと鉄っぽい感じがでました。

hgto_06r02.jpg hgto_06r03.jpg

hgto_06r04.jpg
ザクに関しましては、シャアザクやガイア・マッシュ機がすでに発売されておりますので、感想をのべましても今さらの感もありますが、可動域が広く、1/144の限界を突破してしまった印象をうけました。
それでいてパーツ数はおさえられてい、作りやすいキットだったと思います。

hgto_06r05.jpg
HGUC版の高機動ザクとならべてみました。
HGUC版も、そうとう出来がよかった印象がありましたが、ならべてみると、ずいぶんあっさりとしていますね。
大河原デザイン、カトキリファインという違いも鮮明になりますね。
あれ…?カトキでいいんですよね…?
posted by とだ・ゆう at 23:22| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: