2014年12月30日

バンダイ 1/12 ストームトルーパー レビュー

バンダイより発売されました、1/12ストームトルーパーを、部分塗装の簡単仕上げで作りました。

sw_stormtrooper00.jpg sw_stormtrooper01.jpg
ストームトルーパー、何十年たっても、いいデザインしてると感じます。
やられキャラの王道、雑魚キャラの正道。
ライトセイバーでぶった斬られようが、ブラスターで撃ち抜かれようがヘコたれない(?)。


製作。
白色パーツはグロス成型になっており、塗装しなくても、充分すぎるほどの綺麗さでした。
ゲートあとやパーティングラインは、ウェーブのヤスリスティックの600番、1000番と順番にかけて消し、最後に同フィニッシュでこするとツヤもそれなりに出ますので、整形あとはほとんど目立たなくなりました。

黒色パーツのゲートあとが白くなってしまったところは、ガンダムマーカーのリアルタッチグレー3を塗ってごまかしております。

塗装は、ヘルメットの細かい部分や腹部のボタン(?)などです。
水性ホビーカラーのニュートラルグレーやタミヤアクリルのフラットブルーやフラットアルミなどをつかっています。
塗装がはみだしたところはナイフや耐水ペーパーでけずりおとして、ゲート処理と同様の作業をしています。
ヘルメ頬の青いこまかい線は、はみだした塗料をいったんアクリル溶剤をふくませた綿棒でふきとってから、ヤスリ処理をしました。

ボタン類は、白パーツとは別パーツとなっており、塗りわけはとても楽でした。
ヘルメットのグレーの台形部分などは、細いスジが成型で再現されていないこともあり、シールを貼っておきました。

sw_stormtrooper02.jpg sw_stormtrooper03.jpg

sw_stormtrooper04.jpg
武器は、ライフルタイプ、小銃タイプ、拳銃タイプの3種類付属。
けっこうなプレイバリューとなっています。

sw_stormtrooper05.jpg
手のひらパーツも豊富で、指差しタイプもあります。

sw_stormtrooper06.jpg sw_stormtrooper07.jpg
武器は両手で持たせることも、ホルスターに収納することも可能です。
ホルスターは、左右選んでとりつけることができます。

sw_stormtrooper08.jpg
可動範囲は基本的にもうしぶんないですが、モモのつけねが、ベルトからたれている四角いパーツと干渉してしまうのが難点です。
この四角いのは、軟質素材にするか可動できるようにするか、ひと工夫してほしかったところです。

あと、目のうえに白パーツが線状になくてはならない気がするのですが、まぁ、それは些末なこと…(?)。



全身にアーマーをつけて、工業製品的なストームトルーパーだけに、プラキットでも違和感のないできばえでした。
部分塗装でも充分みばえのするキットですし、なかなかよいキットだったと思います。
posted by とだ・ゆう at 12:39| Comment(0) | プラモデル SF・メカ スター・ウォーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: