2015年02月24日

1/144 HG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機) 製作の3 完成

今回は、というか、いつものことですが、普通にベタ塗りしただけで記事として書くこともあまりありませんので、塗装記事はなしで、完成です。

hggr_jahanam_kn13.jpg hggr_jahanam_kn14.jpg
電撃ホビーマガジンの作例を参考に、小改造してあります。
まだまだ、バランスが悪いと感じられる部分もありますが、お気楽作製レベルでしたら、こんなもんかな、という気もします。
脇を幅増ししたことにより、肩の可動範囲がいちじるしく低下してしまい、動かすとすぐに抜けてしまうという、まったくの計算ミスはありましたが…。

カラーレシピ。(ガイアカラー、バーチャロンカラーを使用)
・青色=ブライトロイヤルブルー
・紺色=マーズディープブルー
・紫色=ストームダークパープル
・白色=ニュートラルグレーI
・バックパックなど=マイザーダークブルー
・ライフルなど=ガンメタル
・オーバーコート=セミグロスクリアー

スラスターなど細かい部分は、水性ホビーカラーのつや消しホワイト、つや消しブラック、すみれ色を筆で塗りわけています。
パーツ裏などは、水性カラーの旧RLM74ダークグレー(現グレーグリーン)を塗っています。
スミ入れは、タミヤスミ入れ塗料のブラックを基本的につかい、太めのモールドはエナメルカラーのフラットブラックをつかっています。

指など、ほんとうは塗りわけなくてはいけない部分もあるのですが、サボって1色で塗っちゃっています。
カカトのみ、簡単なマスキングですみましたので、ここだけ塗りわけてあります。

hggr_jahanam_kn15.jpg hggr_jahanam_kn16.jpg

hggr_jahanam_kn17.jpg hggr_jahanam_kn18.jpg

hggr_jahanam_kn19.jpg
このキットの最大の難点は、カメラのライン。
付属のシールの細いほうの余白を切りとってつかいました。
ですが、横線は、これを貼るためのアタリのようなものがまったくなく、カメラの真ん中にまっすぐきれいに貼るのに、大変な時間がかかりました。
説明書にしたがってパーツを組む前に貼ったのですが、頭部を全部組んでおいてシールを貼って、はみだした部分を切りとる、という方法が正解だったのかな、と今さらながらに思います。



さて、アニメGのレコンギスタは、主人公があまりパッとしないキャラに感じられますので、自称天才のクリム・ニックくんにはもっとはりきってもらいたいところですが、さて、最終回までに大活躍の場があたえられるかどうか…、期待して待ちたいと思います。
posted by とだ・ゆう at 00:06| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

1/144 HG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機) 製作の2 パーツの加工編

ジャハナムのパーツの加工をしました。
今回は、電撃ホビーマガジンの作例を参考に、面倒くさくない範囲で改造してみました。

hgfr_jahanam_kn06.jpg
胸部は、両脇に1mmプラ板を貼って幅増ししました。

コクピットハッチは、胸部との接続面に1mmと0.5mmのプラ板を重ね貼りしてみました。
ここ、けっこう簡単にボリュームを出すことができました。

hgfr_jahanam_kn07.jpg
股のフンドシ部。
スラスターは、取り付けダボを切りおとして下から突っ込めるようにし、フンドシの下の穴にプラ板を貼ってふさいでいます。

hgfr_jahanam_kn08.jpg
腰フロントアーマーは、パーツを分割して1mmプラ板で幅増ししています。
リアアーマーのスラスターの裏には肉抜きがありましたので、フタっぽい感じにプラ板を貼って、ディテールっぽく見えるようにしておきました。

hgfr_jahanam_kn09.jpg
肩のC字形のパーツには1mmプラ板を貼ってボリュームを上げてみました。

左腕のシールド取り付けパーツは、ダボを切りおとして後ハメ加工しました。

hgfr_jahanam_kn10.jpg
手首の丸い部分の肉抜きは、ポリパテを盛りつけて成型しています。
ポリパテを盛るさいには、手甲パーツの裏にメンソレータムを塗って組んでおくことで、硬化後にパテがパーツに干渉しないようにしておきました。

hgfr_jahanam_kn11.jpg
スネ部の後ハメは、スネの内部パーツを分割し、上のホゾ穴のみ、ハの字加工しておきました。
試行錯誤した部分ですが、これが一番楽な方法みたいです。

hgfr_jahanam_kn12.jpg
ライフルは、トリガーの下部と、銃床部をバッサリ切りとってしまい、プラ板でふさいでおきました。
これで、下腕に干渉することなく、しっかりとライフルを持たせることができるようになりました。
ライフル後部の形状が大きく変わってしまいましたが、アニメ本編をみても、さほど気にならない、というか、銃床が大きくは描かれていないようにみえましたので、まぁ、いいんじゃないでしょうか…。



ということで、もうちょっと表面処理をしたら、塗装をおこないます。
posted by とだ・ゆう at 00:16| Comment(0) | プラモデル ガンダム 1/144 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする